早めにペロニー病検査|男性の象徴が湾曲する恐ろしい病気

看護師

感染ルートと予防法

カップル

感染者が年々増加している梅毒は、早期の治療で完治する病気です。主な感染ルートは皮膚や粘膜が密着する性行為が多いのですが、母体が感染源なら胎児も発症してしまいます。トレポネーマという菌が体内に侵入すると、様々な悪影響を及ぼします。病名の由来でもある楊梅状の発疹が身体中にあらわれます。梅毒の感染力は非常に強く、放置しておくと菌が脳にまで達し、様々な障害を引き起こします。昔は不治の病とも言われていましたが、現代では医療機関の受診と治療によって完治が可能です。

梅毒になると、皮膚に赤みを帯びた発疹が発症します。また、太ももの付け根にしこりを感じることがあります。この症状は発症してから約3週間前後にあらわれます。ですが、進行が進むと一旦発疹がおさまることもあり、診断が遅れることもあります。自己判断では正確さに欠けるので、婦人科や皮膚科、泌尿器科で検査を行ないましょう。妊娠の際には必ず梅毒をはじめとした性病の検査も行なうように義務づけられています。もしも感染が確認されても、一定期間の点滴や抗生剤の服用やで完治可能なので、無駄に恐怖心を持たずに早期解決につとめましょう。

この病の完全な予防法は現在確立されていないので、自己管理が重要になってきます。不特定多数の人物との性行為は避け、コンドームの使用を徹底しましょう。また、身体を清潔に保ち、違和感を感じた時はすぐに医療機関を受診しましょう。